--.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
    Fri.

    宮西達也さんの絵本「せいぎのみかた(ドラフラ星人の巻)」と「オオカミグーのなつかしいひみつ」(^-^)♪

     

    5月に、小学5年生の甥っ子2号の
    誕生日がありました。

    プレゼントは、手作りのジャムマフィンと
    絵本とステーショナリーGOODS♪

    絵本はいつも宮西達也さんのもので、
    気に入ったものがあったら贈っています。

    (クリスマスに贈った本を
    まだ紹介していないのですが、
    それは次回に・・・(A^^;)



    今回は、「もう絵本は子供っぽいかなぁ~・・・」と
    随分迷ったのですが、以前から気になっていた
    「せいぎのみかた(ドラフラ星人の巻)」と
    「オオカミグーのなつかしいひみつ」にしました。

    甥っ子1号(兄。小学6年生)の分も
    一緒に贈るようにしているので、
    いつも2冊選びます。




    「せいぎのみかた(ドラフラ星人の巻)」は
    本屋さんで中身を確認しておらず、
    去年からずっとずっと迷っていました。

    それが、4月にブログのお友達のsarajyaさん
    小学5年生の子達にこの本の読み語りを
    されたそうで、買うのを決心しました(^-^)/

    ***絵本ナビメンバーの声***

    「ある星」に、目的があって宇宙から
    やってきたかっこわるいドラフラ星人。

    言葉が通じないために敵と勘違いされてしまい、
    「ある星」のひとたちには理解してもらえません。

    そこへ、言葉が通じるかっこいいスペシャルマンが参上!

    ドラフラ星人と戦い始めました。


    「ある星」の人々は、スペシャルマンを応援します。

    しかし、その様子を見ているとき、誰かが言います。

    「も、もしかしたら ドラフラ星人は わたしたちを・・・・」

    涙なしでは語れない結末に、大変感動します。


    この本の帯には「あなたは人を見かけで
    判断していませんか?」と書かれています。

    真の「せいぎのみかた」とは?

    この話の中には何人の「せいぎのみかた」が
    いるのかな?

    大人も子どもも、この本でじっくりと
    考えてみるのもいいかもしれません。

    ********


    甥っ子達はどんな風に感じたのかしら?('_'?)


    *****


    もう1冊の「オオカミグーのなつかしいひみつ」は、
    3年前のクリスマスにプレゼントした
    「オオカミグーのはずかしいひみつ」の第2弾です。



    ******

    オオカミのグーがぶつかったあいては…

    「ん?」

    なつかしいにおいおかあさん…

    オオカミとイタチの心あたたまるふれあい。

    ********


    これは、気持ちが少し疲れた時に読むと
    いいのではないかと思いました(*v_v)

    まだ小学生だけど・・・


    *****



    ******

    オレのかあさん。

    世界一のおかあさん。


    オオカミグーのおかあさんはイタチ。

    みなし子のグーを育ててくれたのです。

    でもお母さんがイタチだなんて、
    はずかしくて仲間には秘密です。

    ある日、グーはとなり山のオオカミに襲われます。

    そのとき、すて身でグーを守ったのはお母さん…。

    どんなに大きくなっても、
    お母さんはいつもグーが心配でした。

    グーはあらためてお母さんの愛を知り、
    誇りに思うのです。

    ******


    「恥ずかしい事とか秘密にしておきたい事が
    出てくる年頃になったかぁ」と思い、
    選びました。

    また、そろそろ反抗期に入るかも知れないけど
    (反抗期がなかった人達もいるけど)、
    親の愛情を大事にして欲しいとも。

    切なくて、わたしのお気に入りです(u_u、)


    *****


    6月は甥っ子1号の誕生日がありました。

    甥っ子1号からお礼の電話があったのですが、
    その中で「絵本がない。
    ○○(甥っ子2号)の時にはあったのに。」
    って。

    えっ?!(☆_☆)

    「○○ちゃん(甥っ子2号)の時に2冊送ったから・・・。
    それと、もう子供っぽくて嫌かなぁと思ったのと、
    新しい絵本がなかったから。」

    正直に伝えました。

    わたしは、「そうかぁ~、
    まだ絵本を贈ってもいいんだ~♪
    欲しかったんだぁ」と
    嬉しくなりました(*^m^*)

    みんな、宮西達也さんの絵本が大好きです。


    P.S.sarajyaさん@sarajya)企画の
    東北チャリティーイベント
    サマーサンタになろう』♪
    宮西達也さんがいらっしゃいます(^-^)




     今日のご当地キティちゃんは、
    島根「出雲大社 打ち出の小槌」キティちゃんです♪


    出雲大社 打ち出の小槌.jpg



    Twitterでつぶやき中♪

    参加中~♪クリックしてねo(^o^)o
    ↓↓↓
    banner_02

    ブログランキング・にほんブログ村へ




    I gave my nephews Tatsuya Miyanishi's
    illustrated books for their birthdays.♪/(=∵=)\




     
    design by sa-ku-ra*
    関連記事
    00:00 | 絵本 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
    06/30のツイートまとめ | top | 06/29のツイートまとめ

    comments

    post a comment

    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    この記事のトラックバック URL:
    http://rabbitusarina.blog.fc2.com/tb.php/1175-011546ef
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。